似合う赤色の口紅を探して

似合う赤色の口紅を探して

 

ずっと色味の強いグロスだけをつけていたのですが、マットな質感のファンデーションや口紅が流行り出してから「あれ、化粧が古い?」と思うようになりました。赤色の口紅が流行っているのを雑誌やドラマでみているうちに自分も欲しくなってきて探してみることにしました。
化粧品15
そうはいっても口紅を買ったのがいつだったか思い出せないくらいで、どんな質感や色味の物を探すか迷ったためにまずは「ISETAN MiRROR Make&Cosmetics」に行きました。

ここだとBAさんが色んなブランドからおすすめの商品を紹介してくれるので迷ったときはここでお世話になっています。

 

私の顔は各パーツが大きくてメイクのバランスをとるのが難しい顔なんです。

唇はぽってりというよりかなり厚みがあり、色が白いために何も塗らないと血色の悪い唇の色をしています。そのため紙の上に描いたみたいに口紅の色がはっきりとでます。和風の顔なので赤い口紅をそのまま塗ると白無垢の花嫁さんみたいな古いメイクになってしまうのが悩みなんです。販売員さんからシャネルと今人気のthreeのものを試してもらいましたが、やっぱり似合わなくてBAさんを困らせてしまいました。
シャネルだと古いメイクになってしまい、threeだとマットで今時の唇になるのですが顔色が悪い感じに。「ご希望とは違いますが、お客様のお顔ですと色味のあるグロスのほうがおすすめかと思います。」と言われました。

 

それだと今までしてきたメイクと代わり映えしないのであきらめきれずにクリスチャンディオールのカウンターに行くことにしました。

そこですすめられたのが「ルージュ ディオール ボーム」でした。

化粧品16
「今年の流行は唇の山を取らないこと、やや内側に必ず筆で塗ってください」と説明してもらって付けてもらうとイメージ通りの仕上がりでした。赤い口紅なのに膨張して見えないですし、つけた感触も重たくなくてみずみずしい発色なんです。つけてからしばらくしてもトリートメント効果のために唇がふっくらしています。以前使っていた口紅だとしばらくすると乾いて唇のしわに色味が入った状態ではげてしまいましたが、これだとリップクリームみたいに全体に色が薄くなってくるのでそしたら上からぽんぽんと口紅をのせれば化粧直しができます。口紅の形の取り方も教えてもらったのも含めていい買い物でした。